きのこのサバ缶味噌炒め〈くらし薬膳〉


調理時間:20分
材料3人分

  • サバ缶(味噌煮味)1缶
  • しめじ      1株
  • 白ネギ      1/2本
  • 生姜       1かけ
  • にんにく     1かけ    
  • バター      20g
  • しょう油  小さじ1

 
●作り方 
1:生姜とにんにくはみじん切りにする。
青ネギは小口切りにする。
2:しめじは石づきを取り、椎茸は軸の固い部分を取って半分に切る。白ネギは斜めにスライスする。
3:フライパンにバター、しょうが、にんにくを入れて中火にかける。バターが溶けてきたらしめじとしいたけを加えて混ぜる。
4:しめじと椎茸が溶けたバターを吸ったら、白ネギを加えて少し炒め、火を止めてサバ缶(味噌煮味)の中身を汁ごと入れる。
5:再び火をつけて中火にし、汁気が少なくなるまで3分ほど炒めたら、しょう油を加えてなじませてできあがり。
 
●コメント【このレシピの成り立ち】
サバは、体を温める食べ物なので、冬になると寒くて元気が出ない人にピッタリ。サバ缶を使うのでとっても簡単です。にんにくとバターの風味も味噌によく合います。疲れやすい、やる気が出ない、冷え症、肩こり、月経痛があるという人にもおすすめの一品です。
 
●ポイント【コツ、ポイント】
きのこはお好きなものでOK。えのきは水分が出やすいので他のきのこと混ぜて使ってください。お好みで七味唐辛子やゴマをトッピングしても美味しいです。
 
#サバ缶 #鯖 #さば #サバ #きのこ #キノコ #椎茸 #しいたけ #しめじ #えのき #白ネギ #葱 #ねぎ #ネギ #しょうゆ #醤油 #バター 
 
 

 
   
 
 

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 

おすすめ記事

薬膳で免疫力をアップしよう[竹田くらし薬膳本部講師]

薬膳は体調を整えるだけでなく、抵抗力を高めて自己治癒力を養うのにも役立ちます。
そこで今回は、薬膳で免疫力をアップする秘訣についてお話しします。